最近注目されている言葉

「ロコモ」って、なんの意味か知ってますか?
「メタボ」になんだか似ているようですが、これと仲間のようなもので、
最近注目されている言葉です。

“ロコモ”とはロコモティブシンドロームの略語で、
日本整形外科学会が提唱したものだそうです。
ロコモとは要は骨や関節など加齢とともに障害が起きやすくなり、
要介護の判定を受ける危険性が高い事を示す概念から
“ロコモ”という言語が生まれました。

メタボばかりに注目が集まり運動器の障害については
あまり意識されていないことが多い事に警鐘を鳴らす意味でも
“ロコモ”という言葉が浸透すると良いのですが。

医療の現場に接しているうちに
その重要性と危機感を感じている
名戸ケ谷病院の副委員長の大江隆史医師は、
一度なおって退院したはずなのに
また別の運動器に生涯が現れて再び来院し、
やがて要介護の生活を強いられる人を
ここ10年間で沢山見てきたそうです。

脳卒中や心筋梗塞ばかりに注目が集まって、
運動器系の障害は置き去りになっている感がある現代の医療現場では
今後はロコモにも重点を置いた対策を取っていく必要があるでしょう。

周りで、当てはまりそうな人がいるのなら、チェックしてみるといいと思います。
チェック項目があって、診断できます。